祈りのうちに

夫の突然の脳腫瘍、物語を書きかえながら、すべてを受け入れる
日々をつづりたいと思います

新しい展開、その後

夫の退院後のことは

① 在宅生活

週に3回の訪問ヘルパー、散歩、入浴、昼食

週に2回の通所リハビリ(移動支援)

土曜日のワークショップ(移動支援)

② 入所施設(高次機能障害専門)


先日、相談員さんと話し合って

①か②のどちらかになる想定で

入所施設に問い合わせてもらうというところで

連絡待ちでした。


今日、入院中の療養病院のMSW職員から

入所施設から連絡があり

通常、夫のような病気の再発の可能性大の人は

受け入れていないというお話だったそうです。

MSW職員は、そうは言っても

今の状態が一番良い時で

家族の希望も自宅から近いところで

生活訓練を望んでいる

また、病気のことも大学病院のバックアップ体制が

あるし、療養病院のほうも何かあった時の

受け入れをできるからと

押してくれました。


その結果、まずは本人と面会するという

運びになりました。

会ってみて、そこからということです。

19日月曜日に、施設担当者さんが

病院にいらしてくださることに

なりました。

取り急ぎの記録です。


今日も祈りのうちに